1. HOME
  2. ブログ
  3. データ分析
  4. データ分析事例集

KUROCO NOTE

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

データ分析

データ分析事例集

データ分析事例集

弊社サイト内では、実際にコンサルティングした事例をもとにデータ分析の取り組み方を解説しています。

様々な企業の事例を取り上げているため、事例を課題ごと、業態ごと、業界ごとに探せるようにまとめました。自社に必要な事例を探して、ぜひ参考にしてみてください。

目的別で探す

データ分析に取り組む上で最も重要なのが「目的設定」です。目的を明確にしておかなければ、データ分析の進め方を間違えてしまい、大幅に遠回りをしてしまう可能性が大いにあり得ます。逆にいえば、ゴールを定めて、そのゴールに向かって最適なデータ分析をすることができれば、より速く的確な戦略や打ち手を導き出せることになります。

そこでまずは、「売上増加」「コスト削減」「売上予測」「商品開発」といった、データ分析の目的別に事例をご紹介します。目的の種類や事例は今後も随時追加していきます。

売上増加

データ分析の目的としてまず考えられるのが「売上増加」です。効果的に売上を伸ばす際にも、データ分析は役に立ちます。飲食店などのBtoC事業からコンサルティング会社などのBtoB事業まで、売上を伸ばすためのデータ分析の取り組み方を事例をもとに学びましょう。

コスト削減(収益管理、在庫管理など)

「売上増加」と同じくデータ分析の主な目的として考えられるのが収益性の向上です。収益、つまり利益とは「売上からコストを引いた金額」のことです。以下の事例では、在庫管理やマーケティング施策の効果測定によってコストの削減を実現するデータ分析について解説しています。

売上予測

データ分析とは、過去の実績から規則性を見つけたり、それに基づく将来予測を行うことです。つまり、企業の予算策定や成長余地の算出といった売上予測にもデータ分析は役立ちます。

商品開発

データ分析では、社内データに限らずネット上に公開されているデータや、独自調査によって集めたデータも活用します。以下の事例では市場調査によって集めたデータをもとに商品開発のリスクを抑えるデータ分析のやり方を解説しています。

業態別で探す

ビジネスにおける業態には様々な種類がありますが、ここでは大きく「BtoC」と「BtoB」に分けて事例をご紹介します。「BtoC」の事例はその中でさらに「店舗運営」の事例と「ECサイト運営」の事例に分類しています。

事例の内容は「目的別」で紹介している事例と同じです。

BtoC(店舗運営、ECサイト運営)

BtoCとは主に一般消費者と取引を行う事業のことです。スーパーや洋服店、飲食店などが主な例です。

店舗を運営してビジネスを行なっている場合、来店したお客様に関するデータを取得するのは難しいですが、レジに貯まっている売上データや店舗に関するデータ、場合によっては会員データなどデータ分析に活用できるデータはたくさんあります。

BtoB(メーカー、BtoBtoCを含む)

BtoCとは主に企業と取引を行う事業のことです。メーカーやコンサルティング会社などが主な例です。

企業間で取引を行うため、商品の購入を決めるまでに時間がかかる反面、データ分析によって営業戦略、マーケティング戦略の精度を高めやすいとも言えます。以下の事例から営業戦略の構築方法や在庫管理の方法を学びましょう。

業界別で探す

最後に業界別に事例をご紹介します。「アパレル」「化粧品」「飲食店」「食品関連会社」「出版社」「貿易関連会社」「雑貨メーカー」「コンサルティング会社」の7つの業界の事例を掲載しています。

事例の内容は「目的別」「課題別」で紹介している事例と同じです。また業界の種類や事例は今後も随時追加していきます。

アパレル

化粧品

飲食店

食品関連会社

出版社

貿易関連会社

雑貨メーカー

コンサルティング会社

関連記事