1. HOME
  2. ブログ
  3. データ分析
  4. ECサイトのコンバージョンを上げる25のチェックリスト!分析から施策立案まで

KUROCO NOTE

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

データ分析

ECサイトのコンバージョンを上げる25のチェックリスト!分析から施策立案まで

ECサイトのコンバージョンを上げる25のチェックリスト!分析から施策立案まで

売上はアクセス数とコンバージョン率と客単価のかけ算で成り立っています。アクセス数や客単価が横ばいであっても、コンバージョ率が上がれば売上は上がるのです。

アクセス数を増やすためには広告を出したりSEO対策をしたりとコストがかかりがちですが、コンバージョン率はサイト内の改善で上げられる場合が多いです。

そこでこの記事では、ECサイトの”コンバージョン率”を上げるために押さえておくべきポイントをまとめました。「サイトのコンバージョン率を上げたい」「売上が今ひとつ上がらない」と感じている方は参考にしてみてください。

課題を見極めるデータ分析時のチェックリスト

効率よく売上を伸ばすためには、正しく課題を見極めることが大切です。

「売上を伸ばしたいのでとりあえずサイトの導線を変えてみよう」とするのではなく、まずは自社サイトに必要な施策が「コンバージョン率を上げる施策」なのかそれ以外なのかを分析することが大切です。そのためには、次のチェックリストに挙げている指標をチェックしましょう。

課題を見極めるデータ分析時のチェックリスト
  • 売上の推移をチェックする
  • 客単価の推移をチェックする
  • 客数(購入件数)の推移をチェックする
  • 商品単価の推移をチェックする
  • 1回あたりの購入点数の推移をチェックする
  • 新規客数の購入件数の推移をチェックする
  • 既存客数の購入件数の推移をチェックする
  • アクセス数の推移をチェックする
  • CVRの推移をチェックする

ここに上げている指標はECサイトの現状を把握するうえで必ずおさえておきたい指標です。ここに上げている指標が上がっているのか下がっているのかを把握しておくことで、自社の課題を正しく見極めることができます。各指標の詳細は「ECサイトの売上を伸ばす!担当者が見るべき指標」で解説しています。

ちなみに、ECサイトにおけるコンバージョン率はアクセス数に対する、購入件数の割合です。

下の図は、弊社クライアントの売上とそれを構成する指標の推移をまとめたものです。

このクライアントの場合、売上は前月比、前年同月比ともにマイナスとなっています。

売上を分解していった指標を見てみると、”既存顧客の購入件数”、”1回あたりの購入点数”、”購入率”が前月比マイナスとなっていることが分かります。このことから、”既存顧客へのアプローチ”、”併売の促進”、”サイト訪問者の購入への誘導”を強化することで、効率よく売上を伸ばせそうだと推測できます。

このように、売上を構成する指標を分解してチェックすることで対策するべき部分を明らかにすることができます。

ユーザーの動きを知るためのチェックリスト

コンバージョン率に課題があった場合は、さらに細かくユーザーの動きを見ることで、課題をより明確にすることができます。

ユーザーの動きを知るためのチェックリスト
  • サイト訪問者のうち商品ページを閲覧したユーザーの割合をチェックする
  • 商品ページを閲覧したユーザーのうちカートに移動したユーザーの割合をチェックする
  • カートに移動したユーザーのうち商品を購入したユーザーの割合をチェックする

これらの割合をチェックすることで、サイト全体、商品ページ、カートのページのどこでユーザーが離脱しているかを知ることができます。下の表のようにCVRをはじめ、各ページへの誘導率も推移を確認できるようにしておくと、サイトの現状をより把握しやすくなります。

CVRと各ページへの遷移率

コンバージョンそのものを改善するためのチェックリスト

「お問い合わせ」や「お申し込み」といった、契約や購入に近いコンバージョンしかない場合、興味はあるが購入するほどではないユーザーを逃してしまうことになります。その場合、「資料請求」などの比較的ハードルの低いコンバージョンを設定することでコンバージョン率を高めることができます。

このコンバージョンは「お問い合わせ」や「お申し込み」といったコンバージョンに比べて購入にいたる確度は低いので一概にそれまでのコンバージョン率と比較して改善したと見なさないように気をつけましょう。しかし、「資料請求」などで一度コンバージョンしたユーザーにメールなどでアプローチすることで契約数、購入数を増やすことができるはずです。

また、「資料請求」の資料も”サービスの詳細”だけでなく、”事例集”や”ノウハウ集”のように種類を増やすことで、より幅広い確度のユーザーのコンバージョンを獲得できます。

コンバージョンそのものを改善するためのチェックリスト
  • ハードルの低いコンバージョンを設置する
  • コンバージョンの種類を増やす

カートを改善するためのチェックリスト

商品をカートに入れたものの購入に至っていないユーザーが多い場合には、入力フォームを改善しましょう。

フォームのエラーをなくすことはもちろん、必要ない項目は極力なくしたり、任意入力にしましょう。また、途中で離脱しようとしたユーザーに「このページを離れますか?」などの表示をするような離脱防止ツールの導入なども効果的です。

カートを改善するためのチェックリスト
  • フォームのエラーをなくす
  • フォームの項目を減らす
  • 離脱防止ツールを導入する

サイトの導線を改善するためのチェックリスト

カートまで到達せずに離脱しているユーザーが多い場合には、サイト内の改善が必要です。アクセス数の多いページやトップページ、カートへの導線などを中心に分かりやすいサイトになるように改善していきましょう。

サイトの導線を改善するためのチェックリスト
  • ファーストビューのコピーや写真を見直す
  • 無駄な情報を省き分かりやすいサイトにする
  • 企業情報や商品レビューを掲載して信頼性を高める
  • カートへの誘導を見直す

集客を改善するためのチェックリスト

サイトの直帰率が高かったり、商品ページへの遷移率が低い場合には、そもそも集客しているターゲットが適切ではない可能性が高いです。出向先や広告文を見直してみましょう。

また、既存顧客へのメールアプローチなどを強化することでコンバージョン率を改善できる場合があるので、十分に取り組めていない場合には検討してみましょう。

サイトの導線を改善するためのチェックリスト
  • 広告文やバナーを見直す
  • 広告の出稿先やターゲット自体を見直す
  • 競合の施策や季節要因を調査する
  • 定期的なメールアプローチを行う

データに基づいて適切な対策を行う

売上を上げるために重要な指標をチェックすることで、自社サイトの課題を明確にすることができます。自社の課題がコンバージョン率にあった場合にはぜひ本チェックリストを活用して、効果的な対策を検討してみてください。

また、この記事で行ったような指標の把握はエクセルなどで集計して行うこともできますが、データ量が多い場合は専用のツーツを使って行うのがおすすめです。弊社では、CPM分析をはじめとしたECサイトに必要なデータ分析を簡単に実践できる「EC-Dashboard」を提供しています。
(今回記事内でご紹介した指標をまとめた表も、月次レポートとしてお渡ししています。)

> EC-Dashboardの詳細はこちら



EC事業に欠かせない

データマーケティングの考え方

EC事業に欠かせない
データマーケティングの考え方
弊社のコンサルティング経験に基づいて、ECサイトの売上を向上させるために必要な要素を整理しています。貴社の現状のECサイト(あるいはこれから構築しようとされているECサイト)と見比べて、抜け漏れがないか確認してみてください。



ECdashboard

売上・利益を伸ばすデータ活用 3つの事例

この資料では、私たちが様々な業態の企業に対して行ってきたデータマーケティングの結果や、実際に行っているデータ分析のノウハウをご紹介します。是非参考にしてみてください。

関連記事