1. HOME
  2. ブログ
  3. 独自調査
  4. 自社ECサイトでの購入商品1位は「食品」|自社ECサイトの利用状況に関するアンケート調査

KUROCO NOTE

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

独自調査

自社ECサイトでの購入商品1位は「食品」|自社ECサイトの利用状況に関するアンケート調査

自社ECサイトでの購入商品1位は「食品」|自社ECサイトの利用状況に関するアンケート調査

はじめに

このたび、KUROCO株式会社では自社ECサイトの利用状況に関するアンケート調査を実施しました。

調査概要は以下の通りです。

≪調査概要≫
調査方法:Webを使ったアンケート調査
調査期間:2022年3月11日~2022年3月24日
調査対象:ココワンリサーチ登録者
有効回答者数:608名(男性312名、女性296名)

直近1年の自社ECサイトでの購入頻度、最も多かったのは「半年に1回以下」

図:直近1年の自社ECサイトでの購入頻度(n=608)単一回答

調査の結果、直近1年の自社ECサイトでの購入頻度で最も多かったのは「半年に1回以下」となりました。1カ月に1回以上の人でみても20%未満であり、自社ECサイトを日常的に使う方はあまり多くないことが分かりました。

直近1年の自社ECサイトでの購入金額、最も多かった声は「1万円未満」

図:直近1年の自社ECサイトでの購入金額(n=346)単一回答

続いて、購入金額に関する調査を実施しました。

調査の結果、直近1年の自社ECサイトでの購入金額で多かった声は「1万円未満」という結果になりました。

3万円未満も含めると85%となり、自社ECサイトではあまり高い金額を使わないケースが多いことが分かります。

直近1年の自社ECサイトでの購入商品、最も多かった声は「食品」

図:直近1年の自社ECサイトでの購入商品(n=346)複数回答

次に、自社ECサイトでの購入商品について調査しました。

調査の結果、直近1年の自社ECサイトでの購入商品について最も多かった声は「食品」という結果になりました。ネオマーケティング社の調査によると、食品はECよりも実店舗での購入が特に多いカテゴリです。

(参考) https://news.yahoo.co.jp/articles/c951d44c8061d502dee54d719001793ca4a20348/images/000

また、株式会社矢野経済研究所の調査によると、コロナ禍になり食品全体の通販市場が拡大していることが分かっています。在宅自粛を余儀なくされ、これまで食品は店舗購入していた人がECサイト購入も使い始めた結果、食品が購入商品として多い結果になったのかもしれません。

(参考) https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2801

  1. 食品
  2. 洋服
  3. 架電
  4. 日用品
  5. 趣味・嗜好品(ゲーム・楽器・人形など)

自社ECサイトで商品を買う理由、最も多かった声は「自社ECサイトにしかない商品がある」

図:自社ECサイトで商品を買う理由(n=346)複数回答

調査の結果、自社ECサイトで商品を買う理由として最も多かった声は「自社ECサイトにしかない商品がある」という結果になりました。

自社ECサイト限定の商品を用意することで、自社ECサイトへの流入につなげるという方法が効果的かもしれません。

また、「安く買えるから」という声もかなり多く、自社ECサイト限定商品だけでなく、他のモールなどに出品している商品を自社ECサイトであれば少し安く購入できるなどのメリットを用意することでも売上アップを狙えます。

  1. 自社ECサイトにしかない商品がある
  2. 安く買えるから(商品価格、送料など)
  3. 信頼性が高いから(安心、安全、確実なため)
  4. ポイントがつくから
  5. 品揃えが豊富だから

自社ECサイトを利用するうえで重要視すること、第一位は「商品の価格」

図:自社ECサイトを利用するうえで重要視すること(n=346)複数回答

調査の結果、自社ECサイトを利用するうえで重要視することとして最も多かった声は「商品の価格」でした。

また、次いで「送料、手数料」も65%超と回答した方の割合が多く、いかに安く買えるかをユーザは重要視しているかが分かります。

  1. 商品の価格
  2. 送料、手数料
  3. 商品の品揃え
  4. 商品の品質
  5. 配送のスピード

リピートしている自社ECサイトがあると回答した人は全体の52%

図:リピートしている自社ECサイトの有無(n=346)単一回答

調査の結果、リピートしている自社ECサイトがあると答えた方は52%となりました。

リピートしている人としていない人はおよそ半数ずつという結果です。

また、リピートしている自社ECサイトがあると回答した方に、リピートしている理由について調査したところ、以下のような回答が得られました。

図:「ある」と回答した方に質問です。リピートする理由(n=179)複数回答

  1. 安く買えるから(商品価格、送料など)
  2. 自社ECサイトにしかない商品がある
  3. 信頼性が高いから(安心、安全、確実なため)
  4. 品揃えが豊富だから
  5. ポイントがつくから

リピートする理由として最も多かった声は、「安く買えるから(商品価格、送料など)」でした。2回目以降の購入では、「自社ECサイトにしかない」という理由よりも、価格面のメリットで自社ECサイトを選ぶ人の方が多いようです。

リピートしているECサイトの有無別購入金額・購入商品

リピートしているECサイトの有無別購入金額で集計したところ、上の図のような結果となりました。

「1万円未満」については、リピートしているECサイトがない人の割合が多いですが、「1万円以上3万円未満」ではリピートしているECサイトがある人の割合がの方が多いという結果になりました。

リピートしているECサイトがない人の方が、使う金額も少ないことが分かります。

また、 リピートしているECサイトの有無別購入商品で集計したところ、上の図のような結果となりました。

リピートしているECサイトがある人とない人の割合で10%以上差がみられたのは、「洋服」「家電」「書籍」「化粧品」です。

いずれもリピートしているECサイトがある人の割合が高いことから、「洋服」 「家電」「書籍」「化粧品」 ジャンルは気に入ると同じECサイトで買ってもらいやすいジャンルだということがうかがえます。

まとめ

調査の結果をまとめると、以下の通りです。

  • 自社ECサイトでの購入頻度で最も多かったのは「半年に1回以下」
  • 自社ECサイトでの購入金額で最も多かった声は「1万円未満」
  • 自社ECサイトでの購入商品、第1位は「食品」
  • 自社ECサイトで商品を買う理由、第1位は「自社ECサイトにしかない商品がある」
  • 自社ECサイトを利用するうえで重要視すること、第一位は「商品の価格」
  • リピートしている自社ECサイトが「ある」と回答した人は全体の52%
  • 自社ECサイトをリピートする理由、第一位は「安く買えるから(商品価格、送料など)」

自社ECサイトを利用する理由として最も多かった「自社ECサイトにしかない商品がある」というのは、「自社ECサイト」と「モール型ECサイト」などを差別化する重要な要素ではないかと考えられます。

また、自社ECサイトでの購入を促す、またリピートしてもらうためには、「商品の価格」や「送料、手数料」などの金額面でメリットを感じてもらうことが大切です。



EC事業に欠かせない

データマーケティングの考え方

EC事業に欠かせない
データマーケティングの考え方
弊社のコンサルティング経験に基づいて、ECサイトの売上を向上させるために必要な要素を整理しています。貴社の現状のECサイト(あるいはこれから構築しようとされているECサイト)と見比べて、抜け漏れがないか確認してみてください。



ECdashboard

売上・利益を伸ばすデータ活用 3つの事例

この資料では、私たちが様々な業態の企業に対して行ってきたデータマーケティングの結果や、実際に行っているデータ分析のノウハウをご紹介します。是非参考にしてみてください。

関連記事