1. HOME
  2. ブログ
  3. データ分析
  4. ECサイト改善のポイントと成功事例

KUROCO NOTE

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

データ分析

ECサイト改善のポイントと成功事例

ECサイトにおけるデータ活用の効果事例

KUROCO株式会社代表の齋藤です。

今回は弊社クライアントの事例も元に、ECサイト改善のポイントを解説していきます。

ECサイト改善のポイントはデータ活用

ECビジネスは、データを活用して最も売上の上げやすい事業だと思っています。何故なら、販売実績関連のデータだけでなくアクセス関連のデータまで取得できる、しかも基本的に自動で蓄積されていくからです。精度の高いデータの分析ができ、ビジネスへの活用がしやすい業態と言えます。

また、ECビジネスは、もともと市場成長していますが、今回のコロナにより更に需要が増えています。ただ一方で参入企業も増えているのと、そもそも消費者の「消費」自体は増えておらず、単純にチャネルがリアルからオンラインへと移行しているため、単に商品をECサイトで出すだけでは売上は上がらない、のは想像できるでしょう。

他のビジネスと同様、ターゲット顧客を定め、その顧客に対して自社だからこその商品・サービス(提供方法、コミュニケーション方法含む)を提供する必要があります。

そのためには、しっかりとデータを分析し、結果に基づき検証・改善をしていくことが重要だと考えています。ただこれさえ出来れば売上は上げやすい、と思っています。

特に大きな投資を必要としないビジネスでもあるので、中小企業にとっても取り組みやすいため、企業経営の一つの柱としてECビジネスに力を入れていくことは、個人的には推奨しています。

ただし、他のビジネス同様、そもそもの「商品」が重要なのです。その商品を売るための手段の一つとしての「ECサイト」ということを忘れないようにしてください。

ECサイト改善の成功事例

弊社で提供しているECサイト専用の分析ツール「EC-DashBoard」を導入いただいているECサイト様の導入による効果をご紹介します。1社目は、雑貨を主に扱う企業のECサイトです。

EC-DashBoard導入前は、月間600万円から800万円ほどの売上で推移していました。

EC-DashBoard導入により、

  • アクセスデータの分析結果をもとに、各種広告施策を改善
  • 顧客分析結果をもとに、顧客のリピート化施策を強化
  • 顧客別の購買商品の分析結果から、企画内容の改善や商品開発へ反映

などの施策を行い、また、データドリブンな組織体制へと変革、個々人がデータに基づいた意思決定、検証・改善も実現されました。その結果、導入してから1年間で売上は1.7倍となり、現在では更に増加傾向で推移しています。

2社目は、全国に店舗も持つ企業のECサイトです。

EC-DashBoard導入前は、月間3,000人程度の購入客数で、そのうち3割程度がリピーターとなっていました。同社の課題としては、特にリピート率を上げることにありました。EC-DashBoard導入により、

  • 顧客分析結果をもとに、顧客のリピート化施策を強化
  • 顧客別の購買商品の分析結果から、各顧客へのマーケティング施策へ反映

などの施策を行い、また、各施策の効果検証のための分析方法やその結果に基づいた施策内容について、担当者の支援をしながらデータ分析者へと育成もしました。

その結果、導入してからわずか半年で、新規客数も伸ばしつつ、リピート率は4割近くまで向上しています。

データ分析・活用は目的ではなく”道具”

データ分析・活用は、「売上を上げる」という目的を達成するための「施策実行」を意思決定するための”道具”になります。この”道具”を作ることが目的となってしまい、分析するために多くの時間を要してしまい、重要な施策を考えたり実行するところまで繋がっていない企業も多いのを感じています。

とは言え、データは売上を上げるための重要な”道具”であることは間違いありません。この”道具”を、いかに効率的に精度の高いものとしていくのかがとても重要なのです。

売上・利益を伸ばすデータ活用 3つの事例

この資料では、私たちが様々な業態の企業に対して行ってきたデータマーケティングの結果や、実際に行っているデータ分析のノウハウをご紹介します。是非参考にしてみてください。

関連記事