1. HOME
  2. ブログ
  3. データ分析
  4. 在宅勤務と転職意識の意外なつながりとは?テレワーク時代を生き残るために知っておくべき現場のリアルな声

KUROCO NOTE

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

データ分析

在宅勤務と転職意識の意外なつながりとは?テレワーク時代を生き残るために知っておくべき現場のリアルな声

在宅勤務と転職意識の意外なつながりとは?テレワーク時代を生き残るために知っておくべき現場のリアルな声

昨今、新型コロナウイルスの広がりもあり、感染対策のために在宅勤務の浸透に全国的に力が入れられています。しかし職種によっては、どうしても在宅勤務ができない職業もあります。

今後どのようにしてウイルスが収束していくか分からない現在、在宅勤務の実施可否は、今後の私たちの働き方を考える重要な指標の一つだと思います。そして、在宅勤務のできる職業で働きたいという人も増えてくるのではないかと思います。

そこで今回、KUROCO株式会社では、「在宅勤務の実施有無」と「転職意識」の間に関連がないか調査をしました。調査概要は、以下の通りです。

≪調査概要≫
調査方法:Webを使ったアンケート調査
調査期間:2021年5月14日~28日
調査対象:ココワンリサーチに登録している現役の社会人
有効回答者数:386名(男性231名、女性155名)

在宅勤務の最大のメリットは「通勤時間の削減」と「感染のリスクの軽減」

まず、在宅勤務のメリットを調査したところ、以下のような結果となりました。

在宅勤務をしている方にお聞きします。在宅勤務をしていてメリットだと感じることは何ですか。(複数回答可)(n =121)

メリットの上位5位をまとめると以下の通り

  1. 通勤時間が省ける
  2. ウイルス感染リスクを軽減できる
  3. 見た目を気にしなくて済む
  4. 自分のタイミングで休憩をとれる
  5. 特にない

メリットでもっとも多かったのは、「通勤時間が省ける」という回答でした。ついで、「感染リスク軽減」が2位に来ているということで、衛生面・健康面において出社するよりも安心して働ける点に在宅勤務のメリットを感じている方も多いということが分かりました。

また、「見た目を気にしなくて済む」は時間の節約にもつながる話だと思います。例えば見た目を気にしなくて済むので、化粧や髪のセット、服を着替えるなどがなくなるため。

そういった意味では「通勤時間が省ける」と似たような回答の種類なのかもしれません。在宅勤務のメリットとして、“時間の節約”が感じられることは大きいのではないでしょうか。

在宅勤務のデメリット 最も多かった声は「特にない」

続いて、在宅勤務のデメリットについてのを調査結果を見てみましょう。

図:在宅勤務をしている方にお聞きします。在宅勤務をしていてデメリットだと感じることは何ですか。(複数回答可)(n =121)

デメリットの上位5位は以下の通りです。

  1. 特にない
  2. 生産性の低下/怠けてしまう
  3. 社内でしかできない仕事が進められない
  4. 仕事とプライベートの区切りが曖昧になった
  5. 情報共有・コミュニケーションの不足、体調面の悪化/運動不足

在宅勤務のデメリット1位は「特にない」という結果に。文字通り、在宅勤務にデメリットはないと考えている方が多いようです。

そして第2位は「生産性の低下/怠けてしまう」、3位は「社内でしかできない仕事が進められない」ということで、両者ともに“仕事の質の低下”に関するデメリットが続いています。

また、メリットの回答では「健康的になった」という声はかなり少なかったのですが、デメリットとして「体調面の悪化/運動不足」という声はかなり多いという結果になりました。

転職活動を始める理由、第1位は「給与への不満」

次に転職に関する意識についてみていきましょう。

転職に関する意識についての調査では、転職を考えている人は約3割程度、転職する予定がないという人は7割弱という結果に。

図:転職に関する意識について教えてください(n =386)

また、転職活動をしている方、する予定のある方に転職活動を行う理由を調査したところ、以下のような結果が得られました。

図:転職活動をしている方、今後する予定がある方にお聞きします。転職活動をする理由を教えてください。(複数回答可)(n =121)

上位5位は以下の通りです。

  1. 給与に不満がある
  2. 人間関係に関する不満
  3. 会社の将来性が不安
  4. 仕事がつまらない
  5. ほかにやりたい仕事がある

さまざまな不安や不満が上位を占めています。特に給与面の不満による転職の意識が最も多いことが分かりました。

転職意識が高いのは、在宅勤務をしている人

次に、在宅勤務の有無と転職意識のつながりについてみていきます。

質問2、3をクロス集計し100%積み上げ棒グラフにしたものが以下の図です。質問3は在宅勤務の頻度についての質問ですが、ここではそのデータをもとに在宅勤務の有無を集計しました。

図:在宅勤務と転職意識の関連(n =386)

調査の結果、在宅勤務をしている人のほうが転職意識が高いという結果になりました。在宅勤務のほうがメリットがよく挙げられていたので少し意外な結果です。

在宅勤務のメリットとして“時間の節約”の声が多かったことが分かっています。そのため、在宅勤務をすることで時間に余裕ができ、その分転職活動ができる、もしくは自身のキャリアについて考える時間ができたため、転職意識が高まったのではないかと考えました。

”通勤時間の長さ”は、転職意識にかかわる一つの要因

また、先ほど在宅勤務のメリットとして最も多かった「通勤時間」と転職に関する意識についての質問をクロス集計した結果は以下の通りでした。

図:通勤時間と転職意識の関連(n =386)

通勤にかかる時間が30分未満の場合、30分以上に比べて転職に関する意識が低い傾向にあることが見て取れます。通勤時間の長さは、転職意識にかかわる一つの要因として考えられます。メリットの第1位に「通勤時間が省ける」があったことからも、通勤時間は労働環境として重要視されている部分ではないかと考えられます。

ただ、転職を考える理由としては上がっていないことから、決定的な転職の理由になることはあまりないようです。

在宅勤務を経験者は全体のおよそ3割

次に、在宅勤務の状況についての調査結果です。

図:在宅勤務の状況(n =386)

現状、在宅勤務を経験している人はおよそ3割程度にとどまり、逆に在宅勤務を経験していない人は7割弱という結果になりました。

東京都の調査(テレワーク実施率調査結果|東京都)によれば、都内企業のテレワーク実施率は、56.6%ということですが、今回の調査は全国を対象として行ったものであるため、在宅勤務経験者は3割程度という結果にとどまったのかもしれません。

在宅勤務を望まない人は約6割!

在宅勤務を経験していない人を対象に、在宅勤務をしたいかどうかを調査した結果が以下の図です。

図:在宅勤務をしていない方にお聞きします。在宅勤務をしたいと思いますか。(n =265)

在宅勤務のメリットが多く挙げられ、デメリットは「特にない」が多いことから、世間的に在宅勤務の評価が高く、在宅勤務を望んでいる人が多いのではないかと思っていました。しかし、結果的に半数以上は「在宅勤務をしたいと思わない」という結果になりました。

その理由は、以下のアンケートにもかかわってくると思います。

以下は、在宅勤務をしていない方に聞いた、「ご自身の仕事は在宅勤務が出来ると思いますか。」というアンケートの結果です。

図:在宅勤務をしていない方にお聞きします。ご自身の仕事は在宅勤務が出来ると思いますか。(n =265)

ここから見ても、在宅勤務を経験していない方の7割以上は、自身の仕事では在宅勤務ができないと考えていることが分かりました。そのため、在宅勤務に対してあまり前向きな結果にならなかったのではないかと考えられます。

また、在宅勤務をしていない方を対象に「同じ社内で在宅勤務をしている方はいますか?」というアンケートも実施しました。

同じ社内で在宅勤務をしている人がいるのに、自分はできていないとなると、それが不満の種となり、転職意識の向上につながるのではないかと考えたからです。調査結果は以下の通りとなりました。

図:在宅勤務をしていない方にお聞きします。同じ社内で在宅勤務をしている方はいますか。(n =265)

現在在宅勤務をしていない会社の方は約8割が社内には在宅勤務をしている人はいないという結果になりました。

そして、在宅勤務をしている人がいるかどうかと転職意識の関連を集計したところ、以下のような結果になりました。

図:同じ社内で在宅勤務をしている人の有無と転職意識の関連(n =386)

数%程度、社内に在宅勤務者がいないほうが転職への意識が高いという結果になりました。

「同じ社内で在宅勤務をしている人がいると、転職意識の向上につながる」という仮定とは真逆の結果になりました。

とはいえ、数パーセントなので、あまり大きな差はみられないようです。

まとめ

調査の結果、在宅勤務をしている人のほうが、そうでない人よりも転職意識が高いという結果になりました。ただし、実際に転職活動中の人の割合は変わらず、転職を考えている人の割合が多い結果でした。つまり、在宅勤務によって、転職を意識する時間ができた、しかしまだ行動はしていない、という人が増えたのではないかと思います。

また、通勤時間が短いほど転職意識は低いという結果も得られました。在宅勤務のメリットである通勤時間が省けるという点は、転職意識を低下させることにつながる要素だと考えられます。

本調査が、在宅勤務を含むこれからの働き方を考える際の参考となれば幸いです。

売上・利益を伸ばすデータ活用 3つの事例

この資料では、私たちが様々な業態の企業に対して行ってきたデータマーケティングの結果や、実際に行っているデータ分析のノウハウをご紹介します。是非参考にしてみてください。

関連記事