1. HOME
  2. ブログ
  3. 独自調査
  4. 現在している副業、最も多かった声は「飲食・サービス業」|副業に関するアンケート調査

KUROCO NOTE

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

独自調査

現在している副業、最も多かった声は「飲食・サービス業」|副業に関するアンケート調査

現在している副業、最も多かった声は「飲食・サービス業」|副業に関するアンケート調査

このたび、KUROCO株式会社では副業に関するアンケート調査を実施しました。

調査概要は以下の通りです。

≪調査概要≫

調査方法:Webを使ったアンケート調査
調査期間:2021年11月1日~2021年11月15日
調査対象:ここワンリサーチ登録者
有効回答者数:651名(男性325名、女性326名)

副業が認められている勤務先、禁止されている勤務先の割合は同程度

図:勤務先における、副業の可否について(n=466)単一回答

調査の結果、勤務先における副業の可否を調査したところ、副業は認められているという回答が38%、副業は禁止されているという回答が38%という結果になりました。

副業が認められている会社と禁止されている会社の割合は同程度となりました。

現在副業をしている人は10%

図:現在副業をしていますか(n=466)単一回答

調査の結果、現在副業をしている人は10%、現在していない人が90%という結果になりました。

本調査においては、副業をしている人は10人に1人程度であることが分かりました。

昨今では、副業を容認している企業が過半数にまで増えているようですが、現時点では実際に始めている人の割合はそれほど高くないように感じられます。

(参考)https://newswitch.jp/p/28376

今後副業をしたいと考えている人は30%

図:副業をする予定はありますか(n=418)単一回答

副業をしてない人に対して副業をする予定があるか調査した結果、副業をする予定がない人は37%、副業を今後したいと思っている人は30%という結果になりました。

約3名に1人は今後副業をしたいと考えているということが分かりました。

副業をしない理由第1位は「勤務先で副業が禁止されているため」

図:副業をしない理由(n=418)複数回答

副業をしていない人に対して副業をしない理由について調査した結果、副業をしない理由の上位5位は以下の通りになりました。

  1. 勤務先で副業が禁止されているため
  2. 余暇の時間を減らしたくない
  3. 本業に支障が出ると考えているため
  4. 副業で稼げるようなスキルがないと思うため
  5. 本業以外の時間に働きたくない

副業をしない理由で最も多かったのは、「勤務先で副業が禁止されているため」でした。

少しずつ副業を容認する企業の割合も増えていることを考えると、今後副業を始める人も増えていくかもしれません。

副業を始めた理由第1位は「副収入を得たいから」

図:副業を始めた理由(n=48)複数回答

副業をしている人に副業を始めた理由を調査した結果、副業を始めた理由の上位5位は以下の通りになりました。

  1. 副収入を得たいから
  2. 空いてる時間がもったいないから
  3. 本業の収入では不足しているから
  4. 本業だけでは将来が不安だから
  5. 人脈を増やすため

副収入を得たいという声が最も多い結果となりました。

その一方で、3位・4位には、本業では不満足な点があるという少しネガティブな理由が上がってきており、将来への不安から副業を始める方も少なくないようです。

副業で得ている毎月の収入の金額、最も多かった声は「1万円以上3万円未満」

図:副業で得ている毎月の収入の金額(n=48)単一回答

副業をしている人に副業で毎月得ている収入について調査した結果、副業で得ている毎月の収入として最も多かった声は「1万円以上3万円未満」ということでした。

ちなみに、副業の収入・所得の合計が年間20万円以下であれば所得税の確定申告は不要なので、そこに収まる範囲から始める人も多いかもしれません。

現在している副業、最も多かった声は「飲食・サービス業」

図:現在している副業の内容について(n=48)複数回答

副業をしている人に現在している副業の内容を調査した結果、最も多かったのは「飲食・サービス業」という結果になりました。

最近ではUberEatsなどのフードデリバリーが盛んになり、配達員として副業を始める方が増えたと考えられるため、このような調査結果になったのだと考えられます。

副業をはじめた時期について、最も多かった声は「2016年12月以前」

図:副業をはじめた時期について(n=48)複数回答

副業を始めた時期について調査した結果、2016年12月以前という声が50%という結果となりました。

まとめ

調査の結果をまとめると、以下のようなことが分かりました。

  • 副業が認められている会社と禁止されている会社の割合は同程度
  • 現在副業をしている人は10%、現在していない人が90%
  • 副業をしていない人の中で、副業を今後したいと思っている人は30%
  • 副業をしない理由第1位は「勤務先で副業が禁止されているため」
  • 副業を始めた理由第1位は「副収入を得たいから」
  • 副業で得ている毎月の収入の金額、最も多かった声は「1万円以上3万円未満」
  • 現在している副業、最も多かった声は「飲食・サービス業」

副業をしない理由第1位は「勤務先で副業が禁止されているため」ですが、最近では副業を容認する企業が増えていることを考えると、副業をする人の割合は増えていくことが考えられます。

売上・利益を伸ばすデータ活用 3つの事例

この資料では、私たちが様々な業態の企業に対して行ってきたデータマーケティングの結果や、実際に行っているデータ分析のノウハウをご紹介します。是非参考にしてみてください。

関連記事