1. HOME
  2. ブログ
  3. マーケティング
  4. ECサイトの売上を伸ばす!メルマガタイトルと本文のポイント

KUROCO BLOG

データ分析・活用ノウハウや調査報告などを発信しています

マーケティング

ECサイトの売上を伸ばす!メルマガタイトルと本文のポイント

ECサイトの売上を伸ばす!メルマガタイトルと本文のポイント

メルマガ配信は、ECサイトの売上を伸ばすための効果的な手段の1つです。実際、ECサイトを運営している企業のほとんどが、定期的なメールの配信を行なっているはずです。

しかし、メールの文章を考えて、配信設定をして、結果を確認して…と手間をかけているものの、なかなか思ったような効果を感じられずに悩んでいる方も多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、クライアントへのコンサルティングや弊社のメルマガ運用経験を踏まえて、ECサイト向けに効果的な「メルマガ作成のポイント」を解説します。

効果的なメルマガ作成 2つのポイント

メルマガ作成で重要なのは「開封されるタイトルをつけること」と「読まれる本文を書くこと」です。そこで、メルマガ作成のポイントを「タイトル」と「本文」に分けてご紹介します。

開封されるタイトルのポイント
・メルマガの中身が想像できるタイトルにする
・長すぎないタイトルにする
・数字を入れて興味を引くものにする
・目立つタイトルデザインにする
・適切な送信元を設定する

読まれる本文のポイント
・リンクは序盤に置く
・適切な長さにまとめる

開封されるタイトルのポイント

開封してもらわなければ、メルマガを読んでもらうことはできません。開封してみたくなるタイトルにするためには、以下のような点を意識してタイトルを考えてみましょう。

  • メルマガの中身が想像できるタイトルにする
  • 長すぎないタイトルにする
  • 数字を入れて興味を引くものにする
  • 目立つタイトルデザインにする
  • 適切な送信元を設定する

毎回すべての条件をおさえるのは難しいと思いますが、できるだけ上記のような部分を意識してタイトルをつけるのがおすすめです。

メルマガの中身が想像できるタイトルにする

中身が想像できるタイトルというのは例えば、

「〇〇セール開催のお知らせ!●/●まで!」

のような感じです。単純なようですが、意外と見落としがちなところで、

「〇〇通信」「〇〇メルマガ」

のようなタイトルで送ってしまっている場合も少なくありません。どんな内容が書いてあるのか一目でわかるタイトルにすることで、興味を持った人に開封してもらうことができます。

長すぎないタイトルにする

わかりやすい文章のポイントは短くまとめることです。タイトルもできる限り無駄な言葉は省いて、短くわかりやすくするのがおすすめです。

タイトルは、あくまで中身を読んでもらうきっかけです。タイトルに全てを書こうとするのではなく、ターゲットの興味を引きそうな部分だけを、シンプルにまとめるようにしましょう。

数字を入れて興味を引くものにする

タイトルに数字を入れると具体性が出て、ターゲットの興味を引きやすくなります。例えば、

「〇〇の商品が●●円引き!」「〇〇セール中!●月●日まで!」

のような感じです。数字を入れることで、お得感や限定感を感じてもらいやすくなるはずです。

目立つタイトルデザインにする

目立つタイトルデザインとは、文字だけでなく

「【期間限定!】〇〇セール中開催!」

のように記号を使ったり、氏名をメールタイトルに挿入できる場合は「◯◯様へ」のように、ターゲットの名前を入れるのも、開封率を上げるのには効果的です。

適切な送信元を設定する

メールの受信ボックスでは、タイトルよりも送信者の名前が目に付くように表示される場合が多いです。そこで、送信元となる名前は「自社のECサイトの名前」など、ターゲットがすぐにピンと来る名前にするのがおすすめです。

サイト名を覚えていなかった人にも、送信元の名前を繰り返し目にすることで名前を覚えてもらえるので、送信元には適切な名前をつけておくようにしましょう。

読まれる本文のポイント

メールを開封してもらったら、メールの本文でターゲットに適切な行動を促すことが大切です。

そこで、メールの本文は以下のような点に気をつけて作るようにしましょう。

  • リンクは序盤に置く
  • 適切な長さにまとめる

リンクは序盤に置く

メルマガでは、新商品を紹介したり、セール情報をお知らせして、該当のページにアクセスしてもらうことが主な目的になると思います。

この場合、リンクはできるだけ序盤におくのがおすすめです。なぜなら、メールを開封しても、流れ作業で開封しているだけで本文を読まない人も多いためです。

サイトへの誘導を目的とする場合には、本文を読んでいない人の目にも止まるように、メールのトップにバナー画像を置くなどして、できるだけクリックを促すのが効果的です。

適切な長さにまとめる

上記の内容を踏まえると、メルマガの本文は長くなくても構いません。

実際、弊社で配信しているメルマガも基本的には本文は短く、詳細はホームページにアクセスして確認してもらうようにしています。そうすることで、定期的にサイトにアクセスしてもらい、自社の商品を見てもらう機会を増やすこともできます。

ただし、メールの目的によっては、メール本文で何かを伝えたいこともあるでしょう。その場合はあえて本文を短くしすぎる必要はありません。

あくまでメールの目的や、ユーザーのニーズを意識して、適切な長さにまとめることを意識しておきましょう。

当サイトでは、ECサイトの売上を伸ばすために欠かせないデータマーケティングの考え方をまとめたダウンロード資料も公開しています。興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。
「EC事業に欠かせないデータマーケティングの考え方」のダウンロードはこちら

売上・利益を伸ばすデータ活用 3つの事例

この資料では、私たちが様々な業態の企業に対して行ってきたデータマーケティングの結果や、実際に行っているデータ分析のノウハウをご紹介します。是非参考にしてみてください。

関連記事

EC企業向け

EC-DashBoardで、50時間かかっていた分析業務を1分に