KUROCOによるデータ活用支援の特徴

FEATURE

データの分析、可視化、運用までを
一気通貫で支援します

データ分析 / 可視化ダッシュボードの構築 / オペレーションへの落とし込み
の3つのステップでデータ活用できる体制を構築します

データの分析、可視化ダッシュボードの構築を軸に
データを業務に活用していく運用までをサポート

STEP1
データ分析

売上を上げるデータ活用に必要なデータを整理・分析を行い、現状を把握します

各種データの整理・編集・統合

データを分析できる状態にするため、蓄積されている現状のデータの整理を実施します

データ分析

現状のデータを網羅的に分析し現状把握、売上を上げるために見るべきデータを明確化します

可視化の要件定義

可視化ダッシュボードの構築に当っての元データの整理方法やアウトプット等の要件定義を実施します

STEP1の主な実施内容

  • データ整理、分析、可視化の要件定義
  • 事業の強み・課題の抽出
  • 売上成長のために必要な施策の整理

STEP1の目標

  • どのようなデータがあって、課題は何で、今のデータならどのような分析ができるかなど現状把握ができている
  • 売上を上げるために何が必要かの仮説が作成されている
  • ダッシュボードで可視化する要件が定義されている

STEP2
データ可視化ダッシュボードの構築

整理・分析したデータをもとに、重要なデータを自動で可視化する”可視化ダッシュボード”の構築を行います

ダッシュボード構築

データ分析結果をもとに要件定義し、可視化ダッシュボードを構築していきます

業務構築

現状の営業フロー等も整理した上で、可視化ダッシュボードを使った新業務フローを構築していきます

STEP2の主な実施内容

  • 必要データの整理、編集
  • アウトプット(ダッシュボード)構築
  • (必要に応じて)システム連携

STEP2の目標

  • トライアル運用までに必要なダッシュボードの構築やデータ連携が完了している
  • データを分析し、その結果をどのようにアクションにつなげるか、業務フローが定義されている
  • トライアル運用を行う体制ができていて、担当者に取り組みが理解されている

STEP3
オペレーションへの落し込み

構築したダッシュボードおよびオペレーションのトライアル運用し、検証・改善します
事業全体でダッシュボードの運用を実施、売上アップに向けた業務を推進していきます

トライアル運用/本格運用

実施に当って、「仮説構築」「検証/示唆出し」「ディスカッション」「仮説深堀り」のサイクルを貴社担当者と共有しながら進めることにより、実現性を担保すると共に、実現イメージを組織で共有していきます

STEP3の主な実施内容

  • データ活用方法の教育レクチャー
  • データ活用基盤を使った業務オペレーションの構築

STEP3の目標

  • トライアル運用を行い、改善点が洗い出せている
  • 本格運用フェーズまでに、修正するべき事項の修正が完了している
  • 本格運用に向けて、マニュアル等が整備されている
  • 対象のすべての担当者への周知・説明が完了している事業全体で運用が開始されている
  • すべての担当者がダッシュボードを使いこなしている
  • ダッシュボードを活用した業務、オペレーションの研修の仕組みが確立されている
  • 運用上の課題や改善点が洗い出せている(都度アップデートされている)

実施体制

支援を進める際の取り組みイメージは以下の通りです

料金・期間など

料金

都度お見積り(目安:50万円~)
※ 課題やご状況をヒアリング後、ご提案します

期間

最低1ヶ月~6ヶ月
※ダッシュボード構築のみかシステム構築やオペレーション構築までか、実施要件によって変動します

料金を詳しく見る

資料請求

お問い合わせ